不倫の慰謝料

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は低くなるのです。それに、不倫した相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要になります。どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士がいいでしょう。離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。女性の場合、近所の奥さまや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂のタネになりたくないなら、絶対にいけません。まず探偵に関して言うと、怪しいと思われることを避けるためにきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、興信所から来たことを明かして表立った調査をしているようです。

目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、一方、興信所は情報を集めることが上手だと結論できそうです。信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、口コミを確認する方法があります。当たり前のことですが、その探偵事務所が運営するサイトに記載されているような口コミではなくて、全然関係のない掲示板や相談サイトに載っているような口コミを確認するようにしましょう。その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。例え、配偶者が浮気している場合でも夫婦生活を続けていきたいのであれば昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやめるべきです。浮気の事実を突き止められるとパートナーの感情を逆なでしてしまい、別れなければいけなくなってしまうことがあるでしょう。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。相手に気づかれないで明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要とされる技術および機材があります。浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠として扱われません。浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型の機材を使い相手が気づかないうちに客観的な証拠を撮影してくれます。飲食店などの領収証の記載には定食の数から一緒にいた人の数が書いてある事があるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。さらに、クレジットカード使用時の支出については月々チェックするようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、一人ではなく誰かといたと判断される事があります。カーナビにより浮気の事実を証明できます。こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられる可能性があります。あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意しなければいけません。それに加えて、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、車を用いてデートされていることがあります。法律の上で、結婚した人が配偶者ではない人と性的関係になることを浮気といいます。ということは、法に従えば、肉体関係を持っていなれば、食事や遊びに行ったとしても、浮気とはいえません。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。頻繁に掛かってきたり電話を受けていたりまた掛けていたりするとその電話の相手が浮気相手という確率は大いにあるでしょう。そうしたらその電話番号の相手が誰かということを突き止めるだけでいいのです。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話の後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

カテゴリー
お気に入り