法律的にはどこからが不倫なの?

不倫と一口に言っても、法律的にはどこからが不倫なのかよくわかりません。不倫の解釈は人によって大きく違います。どこから不倫で不貞行為になるのかは、いまひとつよく分かりません。配偶者以外の異性と一緒に映画を見に行ったり、食事に行ったりするだけで不倫になるのかは疑問があります。異性とデートしたら、即、不倫と言う人も中にはいますが、実はそれだけでは法律上の不倫には該当しないのです。法律上でいうところの不倫は、配偶者がいる人が配偶者以外の異性と、自由意思で肉体関係をもつことを指します。自由意思での肉体関係が不倫になるので、脅迫されての肉体関係は、法律上の不倫には該当しません。女性が強姦された場合などは、自由意思ではないので不倫にはなりません。ただ、配偶者がいながら、配偶者以外の異性を脅迫して肉体関係を持ったり、男性が女性を強姦した場合は、自由意思で行っているので、この場合は法律上の不倫に該当します。端的に言うと、法律的にはどこからが不倫なのかというと、肉体関係を持った時からということになります。食事やデート、キスをしたというのは法律上の不倫にはなりません。

カテゴリー
お気に入り