不倫調査の調査内容

不倫調査の調査内容は、浮気の有無を調べるために、妻や夫、あるいは婚約者や恋人の行動、実態、素行を調査します。そして不倫をしていた場合は、浮気相手の身元である氏名、住所、年齢などを調べます。さらに不倫の状況を詳しく調査し、決定的な証拠を押さえます。不倫調査では、探偵が疑惑の相手を徹底的に尾行します。調査後は、訴訟の時に有利になる報告書や証拠資料も揃えます。不倫調査は、主にパートナーの尾行や張り込みを中心に行い、浮気の証拠の写真撮影をします。そして、浮気相手の住所、年齢、氏名を特定します。また調査終了後は、報告書を作成し、不倫現場を押さえた場合は、証拠写真を添付して提出します。不倫調査の調査内容は、調査をしたらそれで終わりではなく、離婚に備えてのアフターフォローもしっかりとやってくれます。弁護士などの紹介もしてくれ、不倫調査終了後のアドバイスやカウンセリングは無償です。不倫調査の期間は、大体、1日~14日間程度で行われ、平均すると3~7日間くらいで事実が判明するケースが多いようです。不倫調査が長びくと、相手が気付く可能性が高いのであまりよくありません。

カテゴリー
お気に入り